仮想通貨へ投資するならテザー疑惑は要注視しないとババを引く

仮想通貨投資で重要なこと

 

投資家グリーン(@InvestorGreen7)です。

 

 

ここ数日の仮想通貨界隈は、テザー(USドルテザー)問題で大きく揺れています。

 

 

別に無くなっても良いお金で仮想通貨へ投資している人であれば関係ないですが、

このテザー問題は、大切なお金を仮想通貨へ投資しているのであれば避けて

通る事が出来ません。

 

 

より具体的には以降で書いていきますが、テザー問題の流れを追い掛けて

いかないと仮想通貨投資におけるババ(スカ)を引いてしまう事だけは

重ねてお伝えしておきます。

 

 

 

 

テザー疑惑とはなんぞや

 

まずこのテザーとは何なのかですが、要はトークン(仮想通貨取引所が発行する

仮想通貨みたいなモノ)であり、一応は米ドルと同じ価値があるとされています。

 

 

では一体どこがこのテザーを発行しているのかですが、Tether(テザー)という

会社

 

 

このテザーをTether社が米ドルとペッグする価値があるとして発行させています。

(※1テザーは1米ドルと同じ価値であるとTether社が担保)

 

 

で、このテザーがある仮想通貨取引所で売買されているのですが、この仮想通貨取引所

BItfinex(ビットフィネックス)で、このBitfinex上で投資家が仮想通貨を売買

したい時は、必ず投資家はまずテザーを買わないとダメなんです。

 

 

 

面倒くさいですね~。

 

 

 

投資家は、そうして買ったテザーをBitfinexで売った上で希望の仮想通貨を

ゲットするという流れなんですが、違和感ありませんか?

 

 

 

さらには、Tether社とBitfinexの経営陣は同一人物群が勤めているのです。

 

 

(出典:Tether社

 

 

(出典:Bitfinex

 

 

 

テザーは米ドルとペッグされている以上、テザー発行元のTether社の

帳簿上で米ドルが資産として計上されてないとダメな筈ですが、これが証明

されていない状況

 

 

過去に監査会社がTether社へ立ち入りしましたが有耶無耶で、本当にTether社が

発行相当分の米ドルを保有しているのが長年疑われ続けており、これを総じて

テザー疑惑と言われています。

 

 

 

この疑惑のテザーで最も売買されているのがビットコインであり、テザーの価値

根拠たるTether社帳簿上の米ドルが架空であったならば、ビットコインの価格は

幻でしかない為、私はビットコインへ投資しないと決めています。

 

 

 

テザー疑惑とはなんぞやその2

 

 

これは想像ですが、テザーは価格操作されているとも私は以前から考えています。

 

 

これを具現化してくれたのが下記の井上羊水さんツイート。

 

 

 

 

今回、ご存知の方もおられるでしょうが、米ドルとペッグされていたテザーの価格が

突然下落して結構な騒ぎになっていました。

 

(出典:ブルームバーグ

 

 

で、この騒ぎが英語圏で展開されていた事もあり、憶測が憶測を呼ぶ状況で

一体何がテザー周辺で起きているのか疑心暗鬼な中、価格下落するテザーを

後目にビットコインの価格が上昇。

 

 

はっきり言ってもう訳が分かりません。

 

 

こうした外的要因で大きく価値や価格が変動するのがビットコインであり、

今後もしビットコインへ投資する人がいるのであれば、この記事が参考に

なればと願うばかりです。

 

 

 

 

テザー疑惑の動向を追わないとババを引いてしまう

 

 

上で書いたテザー疑惑ですが、非常に複雑怪奇な展開を見せており、

日々テザーの情報を追い掛けないと仮想通貨投資のお金を失ってしまい

かねません。

 

 

 

テザー、ビットコインだけの問題ちゃうの?

 

 

 

もう仮想通貨の情報を追い掛けるのは面倒くさい

 

という人もいますが、テザーで購入されているのはビットコインだけでは

ありません。

 

 

他のいわゆるアルトコインと呼ばれている仮想通貨もテザー疑惑、いや

テザー爆弾と繋がっているのです。

 

 

 

もちろんXRPもテザーで売買されていますが、XRPは既に実経済で商用利用

されている為、万が一テザー爆弾が破裂し、価格を大きくさげても問題

ありません。

 

 

なぜなら実経済で既に活用されているXRPの評価は、テザーがどうなろうと

価値は毀損しませんし、一時的に価格を下げたとしてもまた価格を戻すからです。

 

 

昨年、仮想通貨界全体の時価総額が大きく上昇し、各仮想通貨が最高価格を

更新した時も、仮想通貨間で資金が異動していた事が判明している事に加え、

現実に起きる下記のような法定通貨不安によるビットコインへの動きが、

仮想通貨界でも起きると考えています。

 

 

ベネズエラでビットコイン取引高最高値に|ハイパーインフレが影響
ベネズエラでのビットコイン取引高が過去最高値に達したことがわかった。現在、ベネズエラでは今まで類を見ないほどのハイパーインフレや経済危機の悪化が影響しており、これによってビットコインへ流れる人が多くなっているようだ。Per Coin Dan

 

 

過去、XRPが約400円と最高価格をつけた時、ビットコインからXRPへの

資金移動が顕著でした。

 

 

これが来るべき時にはまた起こるでしょう。

 

 

なのでXRPに関しては心配していないのですが、問題はビットコインと連動し、

実経済で価値を評価されていない仮想通貨群。

 

 

要はビットコインと共倒れになる将来が想像される為、このテザー疑惑を

各投資家は今一度受け止め、自身の今後の仮想通貨投資設計を再考するべきと

考えます。

 

 

 

 

最後に

 

 

 

如何でしたか。

 

 

スポットをあてたテザー疑惑やテザー爆弾。

 

 

将来どんな結果になるのかは誰にも分かりませんが、どうなるのか

分からないモノに影響されるような対象には私は投資出来ません。

 

 

 

これはもう投資ではなくギャンブルでしょう。

 

 

ビットコインを構成するブロックチェーン技術が実経済で評価はされていませんが、

価格の変動を投機市場で利用され、または法定通貨不安からの受け皿となるだけ

ビットコインは救いがあるのかも知れません。

 

 

一番まずいのはビットコイン以下の時価総額かつ市場で評価活用されて

いない仮想通貨にほったらかしにする事。

 

 

無くなっても良いお金であればそれで良いのでしょうが、仮想通貨へ

投資をする以上、今一度自身の投資環境を見直す時期に来ている、

こう強く感じます。

 

タイトルとURLをコピーしました