仮想通貨間で格差が顕在化。実経済からの価値を勝ち取る対象へ投資を

仮想通貨投資で重要なこと

 

 

投資家グリーン(@InvestorGreen7)です。

 

 

この3連休、台風直撃は避けられた模様で安堵していますが如何お過ごしでしょうか。

 

 

今日は、仮想通貨間での格差が出ている事への気付きについて書いていきます。

 

 

 

 

実経済で需要を勝ち取る仮想通貨以外へ投資してはダメ
 
 
1,000を超える仮想通貨の中で、格差が明確に生じてきている事を
感じていますが如何でしょうか。
 
 
 
 
仮想通貨はさておき、ブロックチェーン技術は今後の経済活動で採用が進む
技術である事を下記記事で書いていますが、要はブロックチェーンへの投資は
もうギャンブルでは無くなってきているという事です。
 
 
 
 
 
 
 
 
ここまで書くとお分かりでしょうが、XRPが抜きんでた評価を実経済から
得ており、世界の金融機関でもう実際に商用利用されている事はXRPへ
興味を割いている方はご存知でしょう。
 
 
 
 
ではXRP以外の仮想通貨はどうでしょうか。
 
 
 
 
私はXRP以外へは2種類の仮想通貨へ投資し、世界の情報を追ってはいますが、
正直実経済でこの2種の仮想通貨が評価を勝ち取っているとは言えません。
(気付きが足らないと言われても否定はしません。)
 
 
 
 
なので、現時点で評価を得ている仮想通貨と、まだモゾモゾしている仮想通貨が
共存している現状、消去法から言っても実経済で商用利用されている仮想通貨を
選択する判断が投資家にとっては賢明であると言えます。
 
 
 
 

いつになれば実経済で利用されるんやろう。。

 

SECの判断が出れば。。

 
と、モゾモゾしている間に時間だけが過ぎ去っていきますが、あなたは
まだその実経済で評価を勝ち取る事が出来ない仮想通貨を保有し続けるの
ですか?
 
 
 
 
 
 
 
XRPが実経済での評価を勝ち取る実績とは
 
 
上で仮想通貨間格差と書きましたが、はたして一体どれだけの仮想通貨投資家が
この格差に気付いているのかなと思案しています。
 
 
 
 
新しい技術と言われ、今後実経済で採用される未来が見えているブロックチェーン
技術。
 
 
 
 
でももう未来ではなく実経済での利用をXRPは勝ち取っているんですよ。
 
 
 
 
商用利用を勝ち取ったXRPは、この後は需要を世界へどんどん拡大させていく
状況にまで到達しており、他の仮想通貨との需要格差は拡大する一方。
 
 
 
 
 
以下ではこうした実経済での需要を勝ち取ったXRPとリップル社の技術に
ついて幾つかピックアップしていきます。
 
 
 
 
まずは何といってもマネータップです。
 
 
 
 
 
上記文中でも記述がありますが、リップル社の送金決済システムで稼働する
仕組みで、スマートフォンアプリもそれぞれリリースされ、実経済で
ブロックチェーン技術が既に稼働しているという事実。
 
 
 
 
加えて下記ツイートでも触れられているように、インフラを抑えつつあると
いう重要な視点も無視出来ません。
 
 
 
 
 
 
さらには全国銀行協会もマネータップの拡大を2018年度内に5〜10行程度まで
という目標を立てていますが、これは即ちリップルネットたるブロックチェーン
技術の商用利用拡大がここ日本で始まるという事ですよ。
 
 
https://www.fsa.go.jp/singi/kessai_kanmin/siryou/20180611/01.pdf
(※PDF形式です。)
 
 
 
もちろんXRPやリップルネットの浸透はここ日本だけでなく世界でも進んで
おり、インドではマネータップ同様アプリでリップルネットが稼働して
います。
 
 
 
 
 
 
 
最後にXRP投資家にはお馴染みのIMF。
 
 
 
 

IMFフィンテック(ファイナンステクノロジー)審議会のJess Cheng氏が、

IMFのセミナーでリップル社とXRPに関して説明し、IMFのラガルド専務理事は

「我々ブロックチェーン大量採用をまもなく目の当たりにする」と語る。

 

 

 

以上、リップルネットの商用利用実績のほんの一部ですが、実経済で評価を

勝ち取ったのがXRPである事は紛れもない事実である事がお分かり頂けるかと

思います。

 

 

 

 

 

最後に
 
 
 
 
如何でしたか。
 
 
 
もう仮想通貨やブロックチェーン技術は未来で使われるレベルではなく、
現実経済で商用利用が始まるだけでなく拡大する舞台へ到達しているのですね。
 
 
 
 
この背景にはアメリカが国策としてブロックチェーン技術を推進していく
事も明らかになっており、詳細は後日noteに追記しますので、読んで
頂いている方は今後の投資ヒントにして頂ければと。
 
 
 
 
1,000を超える仮想通貨が存在し、時価総額も様々である中、どの仮想通貨へ
投資するのかは投資家の判断です。
 
 
 
 
ですが投資も人生も残された時間は限りがあり、無駄なく、また後悔の
少ない投資人生を過ごす為にも気付きがとても大切。
 
 
 
 
既に実経済で商用利用されている仮想通貨を選択するのか、それとも
夢を追い掛けるのか。
 
 
 
 
これから仮想通貨投資を始めようとされる方の気付きになれば嬉しいです。
 
 
 
 
グッドラック(バフェット太郎さんを真似てみました。)
 
 
 
 
ご意見、ご質問など御座いましたらこちら(外部リンクです)にお願いします。
 
タイトルとURLをコピーしました