XRPへ投資する事は未来へ投資する事に他ならない

仮想通貨投資で重要なこと

 

 

投資家グリーン(@InvestorGreen7)です。

 

 

 

今日からXRP投資家にとって一大イベントのリップル社主催カンファレンス、

SWELLが開催されますが、スタート時間は遅めなので下記ツイートを参考に

視聴される方はぜひ。

 

 

 

 

 

さて今日は、香港渡航中に得た気付きから重要なモノと感じる事について

書いていきます。

 

 

 

 

 

未来が見えている仮想通貨へ投資する事はギャンブルではない
 
 
 
 
 
皆さんは一体どのような仮想通貨に投資されているのでしょうか。
 
 
 
 
このブログや私のツイートをご覧頂いている方はご存知でしょうが、私は
XRPのみに注力投資を行っています(投資対象は3種類ですが)。
 
 
 
 
皆さん思い思いの仮想通貨へ、きっとその投資した仮想通貨の価格が上昇する
未来を思い描いて投資されている方も多いのでしょう。
 
 
 
 
でもちょっと立ち止まって考えて欲しいのです。
 
 
 
グリーン
グリーン

その投資した仮想通貨の未来は見えていますか?

 
え!?未来って何?
 
 
 
 
そうです。ここで大切なのが『未来』なんです。
 
 
 
 
未来!?予知能力も無いのに何を言ってるのグリーンさん!
 
 
 
 
 
グリーン
グリーン

確かに予知能力はありません。ですが、

 
 
 
投資家であれば、その投資対象が近い将来どうなっていくのかを想像しませんか?
 
 
 
 
例えば、
 
 
 
 
●株トレードであれば、近い将来の値動きを予想(上がる?下がる?)
 
 
●競馬であれば、様々な要素から上位に来る馬を予想
 
 
 
 
と投資家たるもの、その投資対象の将来、すなわち『未来』を予想した
投資を行うものなんですよね。
 
 
 
 
確かにこの予想した『未来』は外れる時だってあります。なぜならそれは
ギャンブルであり、未来が見えているつもりだから。
 
 
 
 
 
話を仮想通貨投資へ戻しますが、私がXRPへ投資をする事はXRPの未来が
見えているからに他なりません。
 
 
 
 
 
XRPとXRPを推進するリップル社のロビー活動を通じて、未来の経済市場が
見えている為、XRPへの投資はギャンブルではないのです。
 
 
 
 
なぜなら既に実経済でリップル社の国際送金決済システムたるリップルネット
が、XRPに採用も含めて稼働しているからに他なりません。
 
 
 
 
 
 

 

未来が見えていない仮想通貨へ投資する事はギャンブル
 
 
 
 
上ではXRPとリップルネットが既に実経済に浸透し、さらには稼働を始めていると
書きましたが、ここまで実経済に技術を高く評価されて採用が進む仮想通貨や
ブロックチェーン技術を他に知りません(他方はXLMぐらい)。
 
 
 
 
 
また『未来』と書きましたが、情報判断力を磨き、情報収集力を高める事で
近い将来に起こるべき事はおぼろげながらも見えてくるモノなんですよね。
 
 
 
 
例えば、
 
 
 
●自動運転車の普及
 
 
●AI(人工知能)の発展
 
 
●銀行やATMの減少淘汰
 
 
 
で、これら未来に起こるべき事の次に何が起こるの?!
 
 
 
 
これが未来そのものです。
 
 
 
 
そして銀行の変化と共に市場で採用が進むのがブロックチェーン技術
あり、全てではありませんが世界の金融機関や銀行、国際送金業者が採用を
進めているのがリップル社が提供するリップルネットとXRPであるという
事実です。
 
 
 
 
よって、実経済で利用が進んでいるXRPへ投資する事はギャンブルでも
未来でもなく、現実とも言える訳です。
 
 
 
 
 
未来が明確に見えていない仮想通貨にふわっと、かつ妄信的に投資継続する
のはギャンブル以外の何物でもないと私は考えます。
 
 
 
 
 
 
 
政治力を持ってロビー活動を展開したリップル社
 
 
 
 
私がXRPをはじめ、投資している仮想通貨の世界における一次情報を追い掛け
始めた時から感じ、アメブロ時代から書いてきていたのが、リップル社の
ロビー活動のハンパなさです。
 
 
 
 
 
このリップル社のロビー活動、すなわち政治力のハンパなさを動画にしてくれた
方がいますので、もしまだご覧でない方がいましたらぜひこちらをご覧下さい。
 
 
 
 
上記動画でも触れられていますが、如何に優れた商品やサービスでも、
その商品やサービスが狙う市場で価値を認めてもらう為の営業力が重要で
あり、政治力でもって世界の金融機関に認めさせたリップル社の実力が
計り知れるポイントだと考えています。
 
 
 
 
 
 
 
最後に
 
 
 
如何でしたか。
 
 
 
 
仮想通貨投資はギャンブル!無くなっても良いお金だけで投資!
 
 
 
 
とか言われたりしますが、半分当たってて半分はハズレであるのは、
今日のブログを読んで頂いた方にはお分かり頂けるでしょう。
 
 
 
 
さらに分かりやすい例で言えば、日本政府が推進するキャッシュレス社会
ですが、いまこの規格動向で各社がロビー活動を展開している事は
お分かりでしょう。
 
 
 
 
この構図を世界へ視点を動かして見えてくるのが、国際送金決済の場で
リップル社のブロックチェーン技術の採用が進んでいる、という事なんです。
 
 
 
 
この記事でも書きましたが、これから仮想通貨へ投資するならXRPだけで
良いでしょう。
 
 
 
 
ご意見、ご質問など御座いましたらこちら(外部リンクです)にお願いします。