利用と貯蓄のジレンマを解消出来ない仮想通貨へ投資してはいけない

仮想通貨投資で重要なこと

 

 

投資家グリーン(@InvestorGreen7)です。

 

 

 

日々様々な出来事やニュースが飛び込んでくる仮想通貨界ですが、

私のブログでは、そうした出来事やニュースを受けてどうするかという

視点でいつも書いており、今日も気付き重視の視点で書いていきます。

 

 

 

 

 

投資選択した仮想通貨の状況は?

 

 

 

 

私は3種類の仮想通貨へ投資していますが、現在はXRPのみに注力しています。

これを見て頂いているあなたはどうですか?

 

 

 

 

また、投資選択したそれぞれの仮想通貨における市場との関連性、すなわち

需要との結び付き度合いはどうですか?

 

 

 

 

状況は芳しくないですね。価格も下がっているし。

 

 

 

 

という、どちらかと言えばネガティブな意見をお持ちの方が多いのでは

ないでしょうか。

 

 

 

 

相場が低調な今だからこそ、今後の自身の仮想通貨投資の方向性を改めて

見直し、考え、時間を無駄に浪費する事だけは避けましょう。

 

 

 

 

そう言うグリーンさん、あなたはどうなの?

 

 

 

グリーン
グリーン

私はあるタイミングで仮想通貨投資ポートフォリオを整理し、無駄を省いていきます。

 

 

 

 

 

この『あるタイミング』ですが、単純に次の来るであろうビットコイン価格上昇

のタイミングです。

 

 

 

なぜこのビットコイン価格上昇を待っているのかですが、より利益を出す事が

出来るタイミングだからであり、過去の事例からもビットコインに連動する形で

アルトコイン価格も上昇する事が明白である為、タイミングを待っているのですね。

 

 

 

 

 

 

利用と貯蓄のジレンマ

 

 

 

 

 

ここでは視点を少し変えますが、タイトル通り『利用と貯蓄のジレンマ』

ついて書いてみます。

 

 

 

補足しますと、仮想通貨の利用と貯蓄とのジレンマです。

 

 

 

このジレンマ、一体誰が感じるのでしょうか。

 

 

 

対象仮想通貨投資家、仮想通貨運営財団、仮想通貨自身・・と、

色んな視点があるにせよ、言い換えれば投資家自身がジレンマを感じない、

また感じていないのであれば仮想通貨投資は一度立ち止まって考え直した方が

良いです。

 

 

 

 

全ての仮想通貨が対象ではありませんが、主にPoW(プルーフオブワーク)と

呼ばれる手法、すなわちマイニングシステムで価値が担保されている仮想通貨

に強く当てはまると考えており、具体的なシチュエーションとしては、

 

 

 

●コンビニで利用される

 

●家電量販店で利用される

 

●ライトニングネットワークで瞬時に決済される

 

 

 

など、主に支払い時に仮想通貨が利用される事を期待し、それによる仮想通貨の

価格上昇も同時に期待している。。。

 

 

 

でも何かおかしくないですか?

 

 

 

投資した仮想通貨がもっと値上がりする事を願っているのに、投資仮想通貨の

利用と利用拡大そのものを喜ぶ。。

 

 

 

 

今より値上がりが期待出来るなら、まだ使いたくないと考えるのが人間の

心理ではないでしょうか。

 

 

 

キャッシュレスが進んでいるとはいえ、まだまだ法定通貨の地位は揺るぎないのが

ここ日本です。

 

 

 

まだこの仮想通貨は値上がりするだろうから現金で払っておこう

 

 

 

 

と、考える人が大半だと私は考えます。なので利用と貯蓄のジレンマという

タイトルにしたのですね。

 

 

 

 

 

利用と貯蓄のジレンマを解消出来る仮想通貨とは

 

 

 

 

 

利用と貯蓄のジレンマと書きましたが、数年以上前の今より劇的に安い

価格で仮想通貨を購入している層であれば、ジレンマなど感じないでしょう。

 

 

 

最も特徴的なのがライトニングネットワーク(通称LN)を吹聴している古参と

呼ばれる層で、この古参層は超絶安価でビットコインを入手しているので

GOX(紛失)リスクを軽んじ高リスクのLNをプッシュしています。

 

 

 

ですが大切なのは、そうした初期クラスタが提唱する仮想通貨論が現在は

通用しない可能性が大だという事であり、そもそもの仮想通貨購入価格に

埋めようのない乖離が起きている以上、今の価格帯で購入した層と

価値観が合うはずがありません。

 

 

 

おっと話が横道にズレましたが利用と貯蓄のジレンマを解消出来る仮想通貨

ですが、これは私の知るところXRPだけです。

 

 

 

またXRPか

 

 

 

という声も聞こえてきそうですが、XRPであれば利用と貯蓄のジレンマは

解消可能であり、その理由が、

 

 

 

●発行枚数に上限がある事(XRPは1000億枚)

 

【基礎】リップル(ripple)の発行枚数と発行上限まとめ!!発行枚数が減少していく理由も徹底解説 | moblock(モブロック)
この記事ではリップル(ripple)の発行枚数と発行上限に関して、押さえておくべき3つの特徴と今後の新規発行に関してまとめています。発行枚数が減少していく理由や、ロックアップについてはご存知でしょうか?まだ知らないという方は是非ご覧ください!

 

 

●XRP利用者と貯蓄による価格上昇を期待している層とが住み分けられている事

 

 

●市場がXRPを利用する事によりXRP価格が上昇し、価格上昇を期待する

 貯蓄層も恩恵を受けるwin-winの関係が実現可能な事

 

 

 

といった動きがXRPとリップル社の背景に見えていますので、長期間保有を

考えているXRP投資家が利用と貯蓄のジレンマを抱く事はありません。

 

 

 

 

また、銀行が利用し出しているXRPについて、老舗格付け会社も下記の通り

評価するコメントを発している事もXRP最注力投資家としては嬉しい限りです。

 

 

 

 

 

 

 

最後に
 
 
 
如何でしたか。
 
 
 
 
今日は仮想通貨の利用と貯蓄のジレンマについて私見を書いてみました。

今のSWIFTシステムで疲弊している世界の金融機関がXRPを利用する事で、

約60%ものコストダウンが可能であり、最近は毎日に近い状況で

リップル社のシステムを採用するニュースが世界から飛び込んできています。

 

 

 

こうした金融機関による脱SWIFTの流れこそ、まさに金融機関が問題の多い

SWIFTシステムしか利用する技術がなかった事のジレンマそのものでしょう。

 

 

 

日本にいて日本語だけの情報を追い掛けていては、世界の動きは見えて

きませんので、英語圏の一次情報を入手する情報環境を今のうちに構築

していきましょう。