HSBCの選択がベストな理由やメリットとは? 日本のATMが海外投資の出口

香港投資情報

 

 

投資家グリーン(@InvestorGreen7)です。

 

 

 

更新期間が空いてしまいましたが香港に行って現地の最新情報をインプット

してきました!

 

 

 

 

今日は仮想通貨ではなく、ブログ読者(見て頂きありがとうございます!)の

方から頂いた問い合わせから得た気付きを書いてみます。

 

 

 

 

 

 

HSBCの選択がベストな理由やメリットとは?

 

 

 

 

 

 

 

海外の保険商品に投資をしているのですが、返戻金を受け取る際が不安で

色んな銀行があり悩んでいます。グリーンさんはどうされていますか?

 

 

 

という趣旨の質問を頂いたのですが、経験から回答したのが、

 

 

 

グリーン
グリーン

HSBCの一択です!なぜなら…

 

 

といった感じですが、これを書いている2018年9月末現在もHSBC一択で

ある考えには変わりありません。

 

 

 

ではなぜHSBC一択であるのかですが、これは海外投資における出口戦略の

肝となる重要なポイントである事が前提なんです。

 

 

 

 

え、出口戦略?!何も考えてないわどうしましょう。。。

 

グリーン
グリーン

大丈夫です!!!今からでも問題ありません。

 

 

 

海外、ここでは香港に絞って書いていますが、香港では基本米ドルや香港ドル

での投資契約を行いますので、満期等での返戻金も当然米ドルや香港ドルで

受け取る必要があり、日本円では受け取る事が出来ません。

 

 

 

なので、受け取る我々投資家は米ドルや香港ドルを受け取る為の銀行口座

が必要なんですが、上で大丈夫と書いたのは返戻金が返ってくるまでの

時間の猶予が残されている為です。

 

 

 

なーんや。じゃあ私は外貨受け出来る日本のA銀行口座があるから安心やわ!

 

 

グリーン
グリーン

ちょっと待った!!!

 

 

安易にお持ちの日本の銀行口座での着金を考えるのはオススメしません。

 

 

なぜなら、

 

 

●着金まで数日かかり、無駄な手数料が発生

 

 

●銀行員にこれは何のお金ですか?と根掘り葉掘り聞かれ消耗する

 

 

●為替の悪影響を受ける恐れがある

 

 

 

といった理由から、日本のしがらみの影響を受けないメリットを享受する為に、

海外の銀行口座が出口戦略から必要であり、ベストな選択肢がHSBCであるという

理由かつ結論に達するわけです。

 

 

 

 

 

日本のATMが海外投資の出口

 

 

 

 

上でベストな選択がHSBCと書きましたが、これにはきちんとした理由があります。

 

 

 

なぜなら、香港に行かずしてここ日本でHSBC口座内のお金を受け取る事が

出来る唯一の銀行だからです。

 

 

 

タイトルにもした通り、HSBCで米ドルや香港ドルを受け取ってさえおれば、

無駄な手数料も発生せず、そもそも日本の銀行へ送金する事さえ必要が

なくなるわけです。

 

 

 

加えて日本国内の銀行ATMで出金出来るので、銀行員からの質疑で消耗する事も

ありませんし、日本の銀行まで送金し着金まで首を長くして待ちぼうけする必要も

ありません。

 

 

 

このように日本の銀行ATMを投資の出口戦略とする事が出来るメリットを

享受する事が出来るのが、唯一HSBCだけなんです(2018年9月末現在)。

 

 

 

 

 

最後に
 
 
 
 
如何でしたか。
 
 
 
 
香港にはHSBC以外にも日本人が口座開設可能な銀行は幾つか存在しています。
 
 
 
 
ですが肝である投資における出口戦略という視点から考えた時、現時点での
ベストな選択肢がHSBCである、という事なんです。
 
 
 
 
ただHSBCの最大のネックは維持管理であり、開設出来た!と喜んでその後
ほったらかしにしておくと知らん間に口座が凍結されてしまうので要注意です。
 
 
 
 
ですが、きちんとした情報を香港現地から得る事が出来ておれば、凍結など
私のように恐れる事はありません。
 
 
 
 
それを証拠に私は2013年から現在に至るまで凍結される事なく利用する事が
出来ていますので。
 
 
 
 
海外投資をするなら、日本で完結可能な出口戦略を整えた上で行動して
いきましょう!
 
 
 
ご意見、ご質問など御座いましたらこちら(外部リンクです)にお願いします。